講座参加レポート

ソムリエ・ワインエキスパート試験対策講座の無料体験講座レポート

2021年3月に開講予定の【ソムリエ・ワインエキスパート試験対策講座】の無料体験講座に、ヴィノテラスさんから依頼を受け、ライターの吉川が公式取材として受講させていただきました。


対策講座を担当する佐々木氏の熱い思いや実際の授業の様子、ティスティングの極意、リアルタイムでのチャットのQ&Aコーナーなど、充実した内容の無料体験を少しでも皆様にお伝えできればと思います。

ソムリエ・ワインエキスパートの資格をとるためのワインスクールを検討している方にはぜひ受けていただきたい内容です。

ボリュームたっぷりの無料体験
参加者からのQ&A
あとがき

ボリュームたっぷりの無料体験

今回は説明会を兼ねた無料体験講座ということで、講師である佐々木氏の自己紹介をはじめとして、ソムリエ試験や講座についての紹介が20分ほど、そしてテキストを使った授業が20分ほど、そしてテキストと一緒についてくるティスティングワインの解説があり、最後に参加者からのQ&Aコーナーがありました。

●講師、佐々木氏の自己紹介

まずは担当講師である佐々木氏が自己紹介をしてくださいました。
過去にソムリエコンクールに3回連続で出場していて、今年は全国で5位の結果だったとのこと。出場するだけでもすごいのに、素晴らしい経歴です。

また、ソムリエコンクールのファイナリストとして活躍している人がワイン講師として活躍しているのはヴィノテラスワインスクールだけなんだそう。
一講師の意見がここまで反映されるスクールはないとのことで、佐々木さんが試行錯誤を重ねて作り込まれたテキストの一部を拝見させていただきました。

●テキストについて

非常に見やすいレイアウトで、重要な情報にはあらかじめ太線が引いてあります。難しい語句にはふりがながあって解説もあるので、とてもわかりやすいです。試験に不要な情報は一切排除し、試験に受かるための情報を厳選して載せているので、このテキストだけやりこめばOKと佐々木氏。

テキスト内にある重要ポイントを示す「SASAKI’sEYES」は約1000箇所散りばめられているそう。さらに赤字は下敷きで消えるようにもなっているので通勤時間も有効に活用できます。

  • 電車内で開けても恥ずかしくないおしゃれなデザインを追求
  • 持ち運びしやすいようにA4だと大きいのでB5にした
  • 450P一冊だと重いのであえて上下巻に分けた
  • 重要ポイントである「SASAKI’sEYES」は約1000箇所
  • 目に優しい配色とデザイン

このように、佐々木氏独自のユーザー目線の配慮が細部にまで施されていると知りました。

●ソムリエ試験について

一次試験は従来のマークシート方式からCBT方式に変わったことにより、3000問あるうちの120問がランダムに出てくる形になりました。
つまり、従来の過去問が通用しなくなり、「ヤマをはる」のも不可能になったので、幅広い情報を網羅しなければなりません。

また、二次試験に関しては「真意のティスティング方法を伝えていきたい」「ほとんどの講師はティスティングの教え方を間違えている」と佐々木氏は言います。

ティスティング能力をあげるには、たくさんの種類を飲めばいいのかというと、そうではない。
1時間で100種類飲むのではなく、1時間でたったの3種類をじっくりと飲み比べることが重要で、あくまでもティスティングは量よりも質、とのこと。

本講義では、全20回の講座のうち10回がティスティングで、毎度4種類ティスティングできます。つまり合計で40種類のワインが届くのですが、佐々木氏いわく40種類がちょうどよいとのこと。
ただ闇雲に飲んでも一向に能力は上がらないので、授業での解説を聞きながら理解することが大事なのだと話していただきました。

●授業

講義は実際のテキスト2ページ分をやっていただきました。

今回は簡単に赤ワインの醸造フローについて。
ぶどうは果皮、種子、果汁の3つのパートにわかれていて、赤ワインは3つとも使うが、白ワインは果汁だけ。果皮にはアントシアニン、種子にはタンニンが含まれている。そして「圧搾」と「発酵」「醸し」についての正しい知識を教えていただきました。

ベーシックな知識分野ではありましたが、佐々木さんの熱量のある説明で改めて深く理解できました。
そしてお次はティスティング方法について、名言がでました。
「ティスティングは「脳」でする。」
「一次試験対策には優秀な講師はたくさんいるが、二次試験対策には優秀な講師が少ない」と佐々木氏。
そして大事なことは一つ、「ティスティングフォームにのっとってティスティングすること」と言います。

このティスティングフォームとは
「外観」
「香り」
「味わい」
の3つを指します。
1つの感覚にとらわれると他の感覚もそれに引っ張られてしまうので、目、鼻、舌の3つの感覚を使って総合的に判断すべきだとのこと。
つまり、見た目でも香りでも味だけでもない、ティスティングは「脳」でする。

そして、「毎回同じ量を口に入れる」と意識するのもポイント。
量が多いとボリューム感、アルコール感を過度に感じるし、逆に量が少ないと酸を強めに感じてしまうとのこと。納得です。

無料体験といえども、非常に実りのある濃い授業でした。

参加者からのQ&A

授業後は参加者からの質問を佐々木氏に回答していただきました。参加者は授業後に自由に質問を書き込めます。参加者のみなさんと一緒に質問と回答を共有できるのがとても画期的だと感じました。

Q.テキストブックはいつごろ届くのでしょうか?
A.初回講義(開講日は3月3日)の1週間位前にお届けの予定です。

Q.二次試験対策講座も開講予定はございますか?
A.まだ時期が確定しておりませんが、一次試験が終わる7,8月あたりからオプションとして二次試験対策講座の開講を予定しております。

Q.ソムリエ一次試験の対策は配布されたテキストのみをやり続ければ他は必要ないのでしょうか。
A.当スクールのテキストは全3部構成で、上巻と下巻がテキスト(2色)、残り1冊が地図帳(カラー)です。こちらのテキストをしっかりやりこめば十分です。

Q.実際のテキストは何ページくらいのボリュームになりますか?
A.現在まだ作成中ですが、上下巻合わせて450~500ページ位になるかと思います。

Q.3月のコース開始までに出来ることとしては、まずは理解を優先して…とのことですが、事前になにかやっておくべきことはありますでしょうか?
A.まずは理解の部分でワインの栽培や醸造を簡単な本でいいので読んでおくことが大事です。また、「神の雫」は漫画ですがおすすめです。くれぐれも暗記は今の時期からはやらないで下さい。

Q.テキストブックは2020年教本ベースでしょうか?
A.はい。2020年の教本ベースとなります。2021年度の教本は3月4月頃の発行になりますので、変更点があった場合はすぐ皆様にお伝えいたします。変更点にすぐ気付けるのもソムリエコンクールに出ている私の強みかと思います。

Q.水曜日が仕事で参加できないのですが、木曜日はライブ配信はしていませんか?
A.ライブ配信自体は水曜日のみとなります。ただしあくまでも習慣づけが大事なので、毎週木曜日の決まった時間に視聴する習慣をつけるようにしてください。

Q.ワインは1本当たり何ミリリットルでしょうか? 毎週送られてくるのでしょうか?
A.1本小瓶100mlです。当スクール独自のカリキュラムの第6回~第15回までの全10回×4種類でお届けを予定しております。ワインの銘柄含めて全て私がチョイスいたします。

Q.俗に言うオレンジワインと呼ばれるワインは白ブドウを使って赤ワインの醸造法ですか?
A.その通りです。先程講義した圧搾と発酵さえあればオレンジワインも全部理解できます。

Q.本講座のテイスティングのみ受講するコースなどはございませんでしょうか。一次は通過しており、二次対策をしっかり受けたいと考えています。
A.こちらの質問は結構多くの方から頂いておりますので検討させて頂きます。別途一次試験が終わる7月・8月あたりからオプションとして二次試験対策講座は開講を予定しております。

Q.ワインの酸味とは何ですか?
A.ありとあらゆるお酒の中で一番ワインが酸味が強いし、ワインの最も重要なキーポイントです。酒石酸やクエン酸など、全部で6つの酸があるのですが、詳しくは本講義で。

Q.質問は、講座時間内しか受け付けてもらえませんか?
A.講座時間内であれば時間の許す限りなるべく全てお答えいたします。「延長の佐々木」と言われているほどです。対面ではなかなか質問しにくいこともチャット機能を使えば質問もしやすいですし、受講者全員と共有できるので質問は遠慮しないでして下さい。

講座時間外であれば事務局の方にお問い合わせ頂ければ、私も質問が見れるシステムになっているので、後日メールでも回答させて頂きます。

Q.復習や対策に使える練習問題や、オンラインテストはございますでしょうか?
A.受講生専用のシステムより、3000問程度の問題集を用意しております。こちらはいつでもご活用頂けるようになっております。

Q.小テストはどのタイミングで行われるか教えていただけますでしょうか? 授業中か、授業後か、など教えていただければと思います。
A.まだ検討中ではありますが、授業の中盤あたりで考えております。ただし小テストは必ず受けるようにしてください。
甘やかすことは皆さんの為にはならないので、当スクールを選んで頂いた以上、全力でバックアップさせて頂きます。

Q.3月までに読む簡単な本でおすすめの本はなにかありますでしょうか?
A.漫画ですが、「神の雫」がおすすめです。イラストが多く、ストーリーも面白いので。

Q.一次試験に合格しているので、二次試験までの間にWSETレベル2の試験勉強をすることでテイスティングの向上にもなるかと考えているのですが、特に問題ないでしょうか。また、こちらではWSETの対策は予定ないでしょうか?
A.問題ありません。また、現状WSETの対策講座の予定はないです。

Q.3月頃、テキストは3部とも送付されるでしょうか。
A.現在作成中で検討しておりますが、基本はテキスト上下巻と地図帳合わせて3部一緒にお送りする予定です。

Q.テキストはA4でしょうか。
A.サイズもこだわりがあり手にとりやすく、邪魔にならないB5サイズです。

Q.テキストにページ数あるでしょうか。
A.ページ数はもちろんございます。

Q.二次試験ではワイン以外のお酒も出題されるかと思いますがどのように勉強したらよろしいでしょうか?
A.その他飲料に関してはあえて全20回のカリキュラムから外しております。二次試験直前の8月・9月あたりからオプションとしてワイン以外のお酒の対策講座も予定しております。また、私がチョイスしたワイン以外のお酒セットの販売も予定しておりますので、そちらを二次試験の直前にご活用頂ければと思います。

Q.品種別蛍光ペン等は引かなくてもよい、読めばよいテキストでしょうか。
A.太線と細線と2種類の強弱を付けているのと当スクール最大の強みである私目線の佐々木アイズというチェックポイント付となっているので、そのままでも十分ご活用頂けるかと思います。皆様が蛍光ペンで引こうとしている部分を最初から当スクールで全て付けているイメージでございます。

Q.予習は必要でしょうか。
A.基本的に予習に割く時間があるならば、復習の方に時間を割いて頂きたいです。

Q.同じ住所に住む2人で受講したいのですが、教材のみ別途1人分購入することは可能でしょうか。
A.検討はさせて頂きますが基本は1人様ごとのお申し込みとさせて頂いております。

あとがき

無料体験講座は1時間でしたが、参加者からは20を超える質問がありました。それに対して佐々木氏は時間を延長してひとつひとつ丁寧に回答しているのが印象的でした。
さすが「延長の佐々木」…!

また、無料体験講座後は、通常93,000円の受講料が87,000円になるお得なクーポンコードが表示されるので、ご検討されている方は大変オススメです。

2021年度の無料体験講座は3回あります。
・2021年 1 月27日(水)19:00~20:10
・2021年 2 月14日(日)15:00~16:10
・2021年 2 月24日(水)19:00~20:10

【2021年度 J.S.A.ソムリエ・ワインエキスパート 試験対策 無料体験講座】へのお申込みはこちら

関連記事