ソムリエ一次試験対策

ソムリエ・ワインエキスパート試験対策講座 ポイント攻略Vol.8【イタリア概論 北部 中部 】

第8回「イタリア概論 北部 中部」では以下の内容を学んでいきます。

=「イタリア概論 北部 中部」で扱う主な内容=

ワインの勉強

イタリアワインの歴史
主なブドウ品種
ワイン法と品質分類
北部イタリア各州の特徴
・ヴァッレ・ダオスタ州
・ピエモンテ州
・リグーリア州
・ロンバルディア州
・トレンティーノ・アルト・アディジェ州
・ヴェネト州
・フリウリ・ヴェネツィア・ジューリア州
・エミリア・ロマーニャ州

【Point】全20州を包括的に捉え、地理関係と多様さを合わせて覚える

・イタリアは全20州を「北部」「中部」「南部」に分けて地理関係を完璧に覚えることが必須!
・イタリアの規模をイメージする。面積は日本の約8割、人工は6000万人強。(日本は1億2000万人)
・イタリアワインは「複雑で難しい」と捉えがちだが、本当の面白さはその「多様性」にある
・南北1,300kmに広がる国土。首都のローマは北海道の釧路、イタリア最南端は東京と北緯が同じ。北大西洋海流やアペニン山脈、などの影響により、気候条件もさまざまで、アペニン山脈がわける「東のアドレア側」と「西のティレニア海側」で気候が異なる。


【Point】D.O.C.Gはまず、ロンバルディア州の5つを覚える

・70以上あるD.O.C.Gをすべて覚えるのは大変と思うかもしれないが、強引な暗記をしなければ決して難しくはない。頑張って覚えなくてはならない暗記部分は20ヶ所程度。D.O.C.Gの暗記には単語帳が必要不可欠!

また、最初に覚えるべきD.O.C.Gはロンバルディア州の5つ!

◎フランチャコルタ
→シャルドネ、ピノ・ネーロ、ピノ・ビアンコを使った、瓶内二次発酵のスプマンテ。
◎オルトレポ・パヴェーゼ・メトド・クラッシコ
→ピノ・ネーロ主体。瓶内二次発酵のスプマンテ。
◎ヴァルテッリーナ・スペリオーレ
→キアンヴェナスカ主体で5つのサブリージョンがある
◎スフォルツァート・デッラ・ヴァルテッリーナ
→キアンヴェナスカ主体。スフォルツァート=陰干しブドウから造られる辛口
◎モスカート・ディ・スカンツォ
→陰干しブドウを使う。アルコール度数は17%以上

【最終チェック!】「イタリア概論 北部 中部」の「SASAKI’sEYES」

・イタリアワインの歴史は古代からあったが、中部はエトルリア人、南部はギリシャ人が醸造技術やぶどうを持ち込んだ
・原産地呼称法が制定された年は他国と比較して覚える
・イタリアは固有品種がとても多い。他にも着の固有品種が多い国は「ギリシャ、ポルトガル、ジョージア」
・ブドウ品種「トレッビアーノ」は各地で個性の違う品種が多数ある。全て同じとみなす場合もあるが、ソムリエ教本においてはそれぞれ違う品種として紹介されている
→フランス:1935
→イタリア:1932 (イタリアのほうがはやい)
・イタリアの新酒「ヴィーノ・ノヴェッロ」の条件をおさえる。解禁日はセットで覚えよう
→ヴィーノ・ノヴェッロ(伊):10/30
→ボージョレ・ヌーヴォー(仏):11月第3木曜日
→デア・ノイエ(独)11/1
→山梨ヌーヴォー(日本)11/3
・陰干しブドウを使うワインの名称の特徴や製法をおさえる(パッシート、レチョート、ヴィン・サント、アマローネ、スフォルツァート)
〜ヴァッレ・ダオスタ州〜
→面積、人口、ワインの生産量ともに最小の州
→D.O.C.Gはなく、D.O.PワインはD.O.C1つのみ
〜ピエモンテ州〜
・イタリア王国最初の首都。シチリア州についで第2の面積。トスカーナ州と並んで二大銘醸地とされている
・D.O.C.Gは17と最多。
・主要ブドウ品種は「ネッビオーロ、バルベーラ、ドルチェット」
・最も優れた畑にはネッビオーロ、地元の消費用ワインとしてバルベーラ、安い価格帯の量販ワインがドルチェットの傾向
・ネッビオーロのシノニム=北ピエモンテでは「スパンナ」、ロンバルディア州では「キアンヴェナスカ」
・バローロ=「ワインの王であり、王のワインである」
・バルバレスコ=「バローロの弟、ピエモンテの女王」
〜リグーリア州〜
・D.O.C.Gなし。他にD.O.C.Gがない州は4つ。
→ヴァッレ・ダオスタ州
→リグーリア州
→トレンティーノ・アルト・アディジェ州
→モリーゼ州
・イタリア最大の港町である州都ジェノヴァをはじめとして、自然に恵まれた観光地、世界遺産のチンクエ・テッレが有名。
・耕作可能な土地は少ない。生産量はヴァッレ・ダオスタ州についで少ない
〜ロンバルディア州〜
・生産地は大きく分けて3つ
→「ヴァルッテリーナ」「フランチャコルタ」「オルトレポ・パヴェーゼ」
・ネッビオーロのシノニム=北ピエモンテでは「スパンナ」ロンバルディア州では「キアンヴェナスカ」
・ミラノ風サラミやミネストローネ、コートレッタ、オッソブッコ、ゴルゴンゾーラなど、日本でも馴染みのある地方料理や食材がたくさんある。
・D.O.C.G全て覚えるのなら、まずはロンバルディア州の5つを覚える。
・フランチャコルタは「シャルドネ、ピノ・ネーロ、ピノ・ビアンコ」
〜トレンティーノ・アルト・アディジェ州〜
・イタリア最北、オーストリア、スイスと隣接。北部のアルト・アディジェはドイツ語圏、南部のトレンティーノはイタリア語圏に分かれている
〜ヴェネト州〜
・ブドウの絞りカスで造るグラッパが有名。
・ヴェローナは「イタリアワインの首都」と呼ばれている。ヨーロッパでも屈指のワイン見本市
・D.O.C.Gの数は14。ピエモンテ州についで2番目に多い。
・ヴェネト州とフリウリ・ヴェネツィア・ジューリア州にまたがる呼称は「D.O.C.G Lison」と「D.O.C.G Prosecco」の2つをおさえる。
〜フリウリ・ヴェネツィア・ジューリア州〜
・生産量の77%が白ワイン
・生ハムのプロシュートで有名。
・フリウリ・ヴェネツィア・ジューリア州=「甘口」と覚えておこう
〜エミリア・ロマーニャ州〜
・ボロネーゼや生ハムのメロン添え、ラザーニャ、パルミジャーノ・レッジャーノなど、日本でも馴染みのある食材や料理が多い
・ランブルスコ・ディ・ソルバーラは辛口のコーラのような味わい。アメリカ市場で成功をおさめている。

【次回講義】
次回は第9回「イタリア南部」です。

→第7回「ローヌ、ラングドッグ・ルーション、プロヴァンス、コルシカ、南西地方」をおさらいする

ソムリエ・ワインエキスパート試験対策講座の申し込みはこちらから

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: ソムリエ講座1460×480-1024x337.jpg

【2021年度 J.S.A.ソムリエ・ワインエキスパート 試験対策 無料体験講座】へのお申込みはこちら

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: トップスライダー用画像3-1-1024x365.jpg

関連記事