ワインを楽しく学ぶ

終了|エノテカ×井黒卓 ピエモンテ講座

バローロ・バルバレスコはなぜ特別な区画なのか。そしてGAJAの凄さとは

1度は飲んでみたい最高峰のバルバレスコを中心に偉大なピエモンテの魅力に迫る。

全てのラインナップにおいて「常に最高品質を造る&ワールドクラス」との信念のもと、渾身のワインをリリースする比類なき存在です。ピエモンテはなぜ偉大なのか?バローロ・バルバレスコはなぜ特別な区画なのか。そしてGAJAの凄さとは一体!?

3つ星レストラン現役ソムリエ 井黒卓×イタリアワインの帝王新年にふさわしいプレミアム講座です!

テロワールと聞くとブルゴーニュを思い浮かべる方が多いと思いますが、バローバルバレスコも負けじと村毎に多くのクリュ区画)があり、その斜面の向きや土壌の構成によってワインは表情を変えます。
その生産者がどこの畑に本拠地を置いていて、どの畑を持っているかによってワインの本質が決まると思っています。その複雑な魅力の一部を皆様に少しでも伝えられれば光栄です。


そしてもう一つ、私自身がソムリエとしてワインを説明するときに最も重視している『造り手の想い』。ガヤの魅力をバローロ、バルバレスコの歴史と共にお伝えします。


今回エノテカさまのご好意によって、ピエモンテ最高峰の造り手であるガヤのワインをご用意できました。又、ガヤと共にバローロ・バルバレスコの歴史を牽引してきたプルノットの素晴らしさ、そしてピエモンテの個性あるネッビオーロ以外の品種の魅力も皆様に伝えたいと思っております。

魅惑のピエモンテの世界へようこそ。

○ピエモンテワインセット 100ml×6本
○資料(ピエモンテ 講座)

※ワインの到着は1月29日(土)30日(日)を予定しております。着日のご指定はできませんのであらかじめご了承ください。

70名様限定のプレミアム講座

ワインに目覚めたのは22歳。当時勤めていたレストランのマネージャーがソムリエだったことから給与が上がるかも?と思い、ワインの勉強を始める。翌年ソムリエ試験と同時に腕試しに若手ソムリエのソムリエ・スカラシップに挑戦。1回目予選落ち、2回目セミファイナル落ち、3回目でやっと優秀賞を取ることができ、念願かなって海外研修旅行のチケットを獲得。初めてのワイン産地訪問で造り手のパッションに感動し、消費者と生産者を繋ぐ『ソムリエ』という職業を生涯の仕事にしようと決意する。以後、様々なコンテストに挑戦し入賞。副賞で10以上のワイン生産国を訪問。現在は銀座のフレンチレストランのロオジエにてソムリエとして勤めながら、日本ソムリエ協会の理事を兼任する。目下の目標は日本代表として2022年にメルボルンで開かれるアジア・オセアニア コンクールで優勝。


ロオジエについて
1973年東京・銀座に誕生した言わずと知れたフランス料理の名店。
『ミシュランガイド東京』3年連続3つ星獲得。

関連記事

TOPICS

  1. 11月18日開催|世界の国際品種Vol.6 カベルネ・ソーヴィニヨン編 講師 梁 世柱

  2. 10月28日開催|ペアリングの基礎講座~おうち中華編~ 講師 梁 世柱

  3. 10月21日開催|土壌とワイン「ペアリング編」 講師 岩井 穂純