トピックス

ソムリエ試験に合格するにはワインスクールと独学どちらがおすすめ?

ソムリエ・ワインエキスパートの試験は毎年あります。年々変わるものの、合格率はおおよそ30%前後。3人に1人しか受からない狭き門です。

ソムリエ・ワインエキスパートの試験に合格するためには、「ワインスクールに通う」か「独学で勉強するか」大きく分けてこの2つにしぼられてきます。

今回はそれぞれのメリットやデメリットを実際の体験談をふまえて解説していきます。

ソムリエ試験の受験内容は?
ソムリエ試験に合格するにはワインスクールか、独学か
独学でソムリエ試験に挑んだわたしの体験談
まとめ:多忙な人ほど、ワインスクールへ!

ソムリエ試験の受験内容は?

日本ソムリエ協会(J.S.A)のソムリエ試験は、
・一次試験(筆記試験) 
・二次試験(ティスティング試験) 
・三次試験(論述、実技試験) 
と、3つにわかれていて、期間も夏から初冬にかけての長丁場になります。

必要な勉強期間は方法や個人差にもよりますが、最低でも3ヶ月〜1年は必要だと言われています。

知識だけでなく、味覚や嗅覚を試されるティスティング試験、そしてサービス実技の試験と、入念な対策が必要です。
とてもではありませんがいわゆる「丸暗記」では合格できません。

試験概要の詳細や合格率はこちらを御覧ください。
ソムリエになるためには?試験概要や合格率をチェック!

ソムリエ試験に合格するにはワインスクールか、独学か

ソムリエ試験に合格するのは容易ではありません。膨大な試験範囲の中、どこを重点的に勉強すればいいかを知り、十分に対策と傾向を練ることが大事です。
主に方法としては、「ワインスクールに通う方法」と「独学で勉強する方法」です。
それぞれメリットとデメリットがありますので、ご自分にあった勉強法を選択しましょう。

ワインスクールに通う メリット・デメリット

メリット

・経験豊富な講師陣による効率的な指導が受けられる
・本屋では売っていない精巧されたテキストや問題集が手に入る
・同志とたくさん出会えるので切磋琢磨できる
・わからないところは質問して解決できる

デメリット

・通学の場合、交通費と通学時間のコストがかかる
・独学と比べるとかかるコストが大きい
・仕事のスケジュールに合わせて授業を受けるのが難しい

独学で勉強する メリット・デメリット

メリット

・参考書や過去問、YouTubeなど、好きな方法でスタートできる
・ワインスクールに通わないので、コストがかからない
・自分の好きなタイミングで勉強できる

デメリット

・孤独なので、過去問や重要項目といった情報収集が難しい
・ポイントをおさえた効率の良い勉強ができない
・周りに同志がいないとモチベーションを保つのが難しい
・ティスティングの勉強をさせてもらえる場所(店)を探すのが困難

独学でソムリエ試験に挑んだわたしの体験談

筆者がソムリエ試験を受験したのは2017年度。以前から「ソムリエの資格取りたい!」という気持ちはありましたが、仕事に追われて勉強時間がなかなかとれず、「受験は来年でいいや」と毎年のように思っていました。

そのうち、当時ワインを扱う飲食店で店長として働いていて、何人かのお客様から「ソムリエいないの?」「店長なのにソムリエじゃないの?」などと言われて、「今年こそは…!」と思い立ちました。

ソムリエを受験する方の多くは、レストランやワインバーといった飲食業界に身を置いている方が多いと思います。
全てのお店が該当するわけではないですが、飲食業を仕事にしていると、どうしても勤務時間が長かったり、お休みの日が少なかったりします。そうなるとどうしても勉強時間を工面するののが一番の問題になりますよね。

当時のわたしは、とにかく時間がなかったので、
「睡眠時間を削る」
「休みの日は全て勉強時間に充てる」
「営業中の休憩時間でも勉強する」
この3点を半年間、続けてきました。結果的に合格したものの、このやり方はけっしておすすめできません。

通学するという「時間」と「お金」の余裕がない

ワインスクールに当時通わずに独学にした理由はずばり、通学する時間とお金に余裕がなかったからです。
そのため、参考書や類似問題集、過去問などをひたすら買い漁ってはすきま時間を使って勉強の日々。当時は時間もお金も余裕がなかったですが、「体力的な若さ」だけを頼りに猛烈な勉強量をこなして、運良く、たまたま功を奏しました。

ただ、もし時を戻せるなら、通学時間を気にすることなく、かつリーズナブルな受講料で合格まで導いてくれるオンラインのワインスクールを選択すると思います。

やはりプロに学んで効率良くポイントを抑えつつ、かつ楽しく勉強したほうが身につく知識にも差が出てきます。

さらに二次のティスティング試験に関しては、自分で「ティスティングの勉強をさせてもらえるお店」を探して駆け回る日々。オンラインのワインスクールなら小瓶に詰められたワインが自宅に届き、ブラインドでテストしながら、画面で解説を聞けます。

今あらためて振り返ると、独学での勉強は精神的にも肉体的にも辛く、効率性を考えても非常に悪かったと思います。

まとめ 多忙な人ほど、ワインスクールへ!

人によって最適なプロセスは違うので、時間に余裕のある方はもちろん独学でも良いのですが、結局遠回りをしてしまいます。多忙な人ほど、しっかり組まれたカリキュラムを受講して効率よく合格を勝ち取ることをおすすめします。

ヴィノテラスワインスクールでは、オンラインかつ生ライブに特化したソムリエ試験対策講座を開講します。いつでもどこでも好きな場所、好きな時間に、かつ通学よりもリーズナブルに受講できるオンラインワインスクールです。(2021年3月開講予定)

現在無料体験講座実施中。詳細はこちら
ヴィノテラスワインスクール無料体験講座

関連記事

TOPICS

  1. 1月21日開催|第2回 ヴィノテラス ブラインドテイスティングカップ MC佐々木健太

  2. 12月9日開催|最新・ブルゴーニュワイン講座 コメンテーター 柳 忠之 進行 梁 世柱

  3. 12月11日開催|三ツ星フレンチのシェフソムリエと学ぶ、ボルドー グラン・ヴァン講座 講師 井黒 卓