ワインを楽しく学ぶ

12月6日開催|ボルドーグランヴァン講座 講師 井黒 卓

大変ご好評をいただき完売となりました。誠にありがとうございました。

予想を上回る反響のため早い時期に売り切れとなってしまい、お申し込み頂けなかったお客様には心よりお詫び申し上げます。

人生で1度は飲んでみたい憧れの五大シャトーをブラインドで!

1級に勝るとも劣らないスーパーセカンドを比較試飲!

また今回大切なワインをご提供頂くのはボルドー専門の輸入元「株式会社アストル様」。徹底した品質管理と業界随一のこだわりと知識を持った、スペシャリストなインポーターです。

どこのシャトーがその村のどの辺りに畑を持っているか…、実はこのシャトーはメルロの古樹が多いからこういった味わい…
難しいクラシックなヴィンテージにおいてどこの村が良かったか…、など私自身2017年に格付け60シャトーをほぼ回った際の体験を交えながら解説いたします。

ワインはアストルさまのご好意に甘え、(本当に我儘を申しましてすみません)一級シャトーに次ぐ品質である『スーパーセカンド』以上に限定させていただきました。皆さまどうぞ宜しくお願いいたします。

講師は2020年度全日本ソムリエコンクールの覇者、井黒卓氏。
三ツ星レストランの現役ソムリエは格付けシャトーをどう読み解くのか!?

1. ボルドー概要
2. コミューン解説
3. シャトー紹介とテイスティング
メドック格付け2級ワイン+五大シャトー(ブラインドで試飲)の5種飲み比べ
・シャトー・コスデストゥルネル 2013
・シャトー・ピション・ロングヴィル・バロン 2013
・シャトー・レオヴィル・ラス・カーズ 2013
・シャトー・ローザン・セグラ 2013
・五大シャトーより1種(ブラインドテイスティング)

○ボルドーグランヴァンワインセット 100ml×5本
○資料(ボルドーグランヴァン講座)

ワインに目覚めたのは22歳。当時勤めていたレストランのマネージャーがソムリエだったことから給与が上がるかも?と思い、ワインの勉強を始める。翌年ソムリエ試験と同時に腕試しに若手ソムリエのソムリエ・スカラシップに挑戦。1回目予選落ち、2回目セミファイナル落ち、3回目でやっと優秀賞を取ることができ、念願かなって海外研修旅行のチケットを獲得。初めてのワイン産地訪問で造り手のパッションに感動し、消費者と生産者を繋ぐ『ソムリエ』という職業を生涯の仕事にしようと決意する。以後、様々なコンテストに挑戦し入賞。副賞で10以上のワイン生産国を訪問。現在は銀座のフレンチレストランのロオジエにてソムリエとして勤めながら、日本ソムリエ協会の理事を兼任する。目下の目標は日本代表として2022年にメルボルンで開かれるアジア・オセアニア コンクールで優勝。


ロオジエについて
1973年東京・銀座に誕生した言わずと知れたフランス料理の名店。
『ミシュランガイド東京』3年連続3つ星獲得。

関連記事